キャッシング審査で勤務先に電話なしで借りるには?

 

キャッシングの申込で不安に思う項目として、審査自体だけではなく勤務先に電話連絡をされることが挙げられます。これをなんとか解消できればキャッシングの申込も気楽にできるのにと思う人も多いのではないでしょうか。

この対処方法として、クレジットカードのキャッシングサービスを挙げることができます。

消費者金融であれば在籍確認は必須ですが、クレジットカードのキャッシングサービスは利用限度額が10万円単位と少額なので、在籍確認の電話を省略しているケースが多いようです。

 

また、消費者金融であれば、在籍確認の電話をするなら契約しないと言ったりして、健康保険証の提示で代用できないか頼んでみることです。

結構このような要請は通るもので、人にもよりますが、勤務先への在籍確認の電話を省略してくれることが多いです。

健康保険証は、勤務先にいる間しか持つことができません。就職すると渡され、退職すると返納を求められます。そのため、持っていること自体が勤務先に在籍していることの証明になるのです。

 

これに対し、勤務先の身分証明書はどうかと言われますが、これは効果がありません。健康保険証を在籍確認の代用とする場合、消費者金融はその保険証が失効していないか官報等のデータで確認しています。

 

会社を辞めてしまった人は転職が決まるまで無職の状態です。無職で収入がなくなった人には例え貯金があってもキャッシングすることはできません。しかし、中にはこういう方もいます。会社の健康保険証を返さないでキャッシングしようという方です。保険証を提出すれば勤務先名も表記されているので、会社を辞めているということを誤魔化せてしまうかもしれません。ですが、退職時に健康保険証を返納しない人がいると、会社は保険組合にその旨を登録して、保険組合は官報などにその旨を公示するのです。そのデータと突合せすることができるのは保険証だけなのです。在籍確認の審査も重要ですが、他の審査も重要です。

 

もし、会社を辞める可能性があれば、在籍中に消費者金融に申込むことをオススメします。キャッシングは契約してすぐにお金を借りないといけないという訳ではありません。契約だけしておいて、本当に苦しくなればキャッシングをすればよいのです。また、転職後に申し込みをするのもお薦めはできません。なぜなら、審査においての重要な基準は年収よりも勤続年数だからです。辞める前なら問題ありません。

 

最近は、大手消費者金融の中に、最初から勤務先への在籍確認の電話をしない申込方法を設定することが増えてきました。そのような申込方法がなくても、頼めば在籍確認の電話を省略してくれることも少なくないので一度相談してみるといいでしょう。